2015年04月04日

地方選挙始まり前議員として発言

福井県では県議会議員選挙が始まりました。
地元から松井拓夫議員が立候補して今日出陣式があったので私も地元の同じ政党の前議員として同議員の4選の激励のあいさつをさせてもらいました。
私はあいさつの最後で「私は議員は辞職したので政治向きの話はしないがただ政治が右傾化して好んで軍事国家になる方向に行くようなことがあれば一人の日本人として発言はさせていただく」と申しました。
また現職のころまちの皆様から熱い支持をいただいたことにもお礼を申し上げました。
元気な姿をお互い確かめたことも大収穫でした。
posted by 松村りゅうじ at 00:55| Comment(0) | 急げ北陸新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

sangiin 参議院協会創立40周年記念式

今日参議院会館の地下109号室でみだしの会が行われました。
与野党でかって活躍した面々がそろい式典の後は参議院議長公邸でパーティがありました。
元気な人が出席していたわけでしょうから皆元気でした。

山崎正昭議長は私の郷里福井県出身ですが極めてかくしゃくとしておられました。

帰りに久しぶりに新宿に立ち寄り紀伊国屋書店に行き囲碁の本を中心に5冊本を買って来ました。
新宿のメインロードがこんなに狭かったかなというような感想を持ちました。
丁度囲碁の棋聖線の最終戦が行われているのでテレビを眺めたりスカパーの囲碁番組を見たりでして忙しく過ごしました。

posted by 松村りゅうじ at 18:56| Comment(0) | 急げ北陸新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

ブログ再開します

昨年18年務めた参議院議員を引退しました。
引退後浮世の生活にもようやくなれました。例えば東京内の交通機関を利用することです。
そして生きがいある生活の基盤をどこにおくかということです。
これも囲碁を趣味としていくことになって一日が忙しくなりました。
政治に関することとは手を切ったのですが、日本を戦争に巻き込む政治には断固として反対いたしたいと思います。
私も先日77歳になりましたが日本人としての務めだけは果たして行きたいと思います。
またこの一年間韓国の長期歴史ドラマを何本か見ましたのでそれらのことも触れていきたいと考えています。
大変なご無沙汰をいたしましたがよろしくお願いいたします。


posted by 松村りゅうじ at 17:17| Comment(0) | 急げ北陸新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

平成二十三年も暮れる

今年は3月11日の東日本大震災で日本が震撼しましたが、同時に「絆」の重要さに国民が思いを持った年でもありました。
わが福井県は原発13基をかかえているだけに、福島県下の東京電力原発事故は人ごととは思えませんでした。

しかし福井県民は冷静にこの事態と向き合ったように思います。
西川知事が県民の先頭に立って安全基準を政府がきっちり決めるように終始がんばっていただきました。

菅総理の対応は正しかったのかどうかは、政府高官に対する事故調査委員会の更なる調査結果が進まないと分かりません。

ある政治家が昔「原子力と臓器移植問題は政治家が扱うのに最も適さない」と言ったことが新聞に出ていました。この2つはたいへん大きな問題であるだけに、「政治家」こそが責任を取らなければならないことは確かですが、一方科学的な判断は専門の科学者の知識と判断に大きく負わなければならないことも確かかも知れません。

ただ科学的な判断をする人々が原子力村の住人のように良心を失って、「想定外」を口にするばかりでは困ります。

12月に入り北朝鮮の金正日総書記が亡くなりました。
日本と朝鮮半島は最も近いところに位置しているだけに、大きな事件ととらえなければならないと私は思います。

日本は海に取り囲まれているためか、大陸の出来事にショックを小さく感じ勝ちですが、今後とも韓国とあるいは米国、中国等と緊密に連絡して間違いの無いように対処する必要があると思います。
posted by 松村りゅうじ at 00:18| Comment(0) | 急げ北陸新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

ギャフン

面白い経験を最近お聞きしました。

大根踊りで有名なある大学の卒業生は皆さんなかなかユニークな方が多く全国で活発な活動を展開しておられます。
県内のある卒業生が同窓会の際福井に集まることを提唱しこれが実現したそうです。

150人に招待状を出し40人が福井の芦原温泉にいよいよ集結いたしました。
口々に第一声が、おまえが福井は常々日本の中心部だと言っているから来てみたらなんと交通が不便な所だ、じぶんのところは九州だけれど東京まで航空機で一時間半で到着する等等と言われ二の句がつけずギャフンとしたそうです。

そこで翌日は永平寺を自腹で案内して福井県の宣伝にこれ努めたそうです。

福井県に北陸新幹線を延伸しなければならない説明としてこれは強烈なエピソードと感じ、先日の事務所開きの挨拶でも紹介いたしました。
posted by 松村りゅうじ at 06:07| Comment(0) | 急げ北陸新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

北陸新幹線で一歩前進

平成22年に、九州新幹線と東北新幹線が完成します。
金沢までは、平成26年に長野から到達いたします。そうしますと後は金沢から福井までの線路を引き、敦賀までを完成することと新函館から札幌までの北海道新幹線をつくることで当面の皆さんの期待が満足されることになります。

今日はこのことを検討する自民党の会議が開催されました。ひととうりの意見が各路線沿線の議員からだされたあと、森議連会長から「具体的な財源を見つけるために政府与党の検討委員会を立ち上げる時期だ」との発言がありました。

津島会長が「皆さんの真摯な発言を受け止め、新政府与党検討委員会を立ちあげましょう。思えばここへくるまでの20年間に2つの変化がありました。ひとつは公共事業悪玉論で整備新幹線に反対するのがはやりだったことが変わりました。もうひとつは新幹線が環境に極端に優しい乗り物との認識がひろまったことです。」と最後に挨拶をされました。

思ったより早くというべきか、思ったとおりにというべきか、今日新幹線の見直しと前進を見たことはこれ以上の喜びはありません。
posted by 松村りゅうじ at 21:52| Comment(0) | 急げ北陸新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

北陸新幹線 年明けから動き始める

整備新幹線 年明けに計画見直し

自民調査会 財源も検討へ

自民党整備新幹線等鉄道調査会と建設促進議員連盟の合同会議は十三日、同党本部で開かれ、調査会の津島雄二会長が未着工区間への延伸となる基本計画見直しを、調査会として年明けの遅くない時期に着手する意向を公式に示した。

 会合では、金沢以西延伸を求める北陸新幹線と、未着工区間のある北海道新幹線の沿線議員から、基本計画早期見直しを求める声が相次いだ。

 松村龍二参院議員は「地域間競争で取り残されるのは福井にとって死活問題。財源が見通せる段階にきたら福井駅までの優先度を高めてほしい」と延伸の必要性を強調。九州新幹線が鹿児島から、北海道新幹線が新函館から着工した前例を示して「福井からの着工を」と求めた。

この発言に対し津島会長は「提案をしっかり受け止める。将来のことを堂々と議論すべき時期にきている。年が改まり遅くない時期に基本計画見直し、財源問題について検討していく機会をつくりたい」と見直し作業に着手する方針を明らかにした。(12月14日 福井新聞)

 

県民の総意である北陸新幹線はこれで動き始めた、というのが私の感触です。この問題に関してはこれからもこのブログで大いに取り上げていきます。
posted by 松村りゅうじ at 13:13| Comment(0) | 急げ北陸新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。