2007年07月01日

多忙な選挙突入前

P1000371.JPG 昨朝は3年前の集中豪雨で途絶していた越美北線の開通が行われました。あの濁流渦巻くなかで、福井市民、美山町、鯖江、河和田、今立の皆さんの懸命の回復のための作業のお姿が昨日のように思いだされます。

いよいよ国会も事実上終結し選挙が始まります。
毎日朝6時、5時から夜9時11時過ぎまで日程がびっしりで私の好きなブログ書きの時間が取れずこの間失礼いたしました。

今朝も間もなく少年柔道大会が県武道館で開催されますので出発です。子供さん激励のお父さんお母さん等にもあいさついたします。今日は昼は三方五湖青年会議所30周年をはさみ、夜は若狭地区で3区高木衆議院議員主催の決起大会を開催いただくなどこれまた日程がびっしりです。皆さんの応援も熱が入ってきており感謝の日々です。

またNHK政権放送の原稿や各紙アンケートの原稿書きもあるので睡眠も制約を受けることになりますが、熟睡(爆睡?)型で食欲も旺盛でありますので日々新たにチャレンジしています。

2日からは自民党の宣伝カーの利用が出来るようになりますので市民の皆様に直接お訴えを始めたいと思っています。

また公明党の皆様のご支援をいただけるとのありがたいお話を受けています。公明党の比例区山本香苗さんの当選を期する同党のご熱意もひしひしと伝わってきます。
posted by 松村りゅうじ at 07:02| Comment(0) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

政治活動の日々

朝から夜まで多くの方とお会いでき充実の一日でした。
まず市会議員選挙出陣式でスタート
日頃お世話になっている方お二人の事務所前の出陣式で壇上からその方への支援をお願いしそのあと皆様に名詞交換をいたしました。

県下視覚障害者大会
会長から、障害者自立支援法が補正予算1200億円で補強されたが、施設中心の偏りがあるとのあいさつがありました。
私も昨年実質働いた点を報告し、今後の努力をお約束いたしました。

お茶会青年部総会
ある流派の青年部(170名)の総会でごあいさつさせていただきました。

神道政治連盟総会
推薦状をいただくとともに、30分余り「美しいくに、日本」という標題で約300人の方に講演をいたしました。日本国に関係する大きな仕事にたずさわってきた経歴もお話いたしました。

看護師さん総会
県下全域から500人以上お集まりの総会で来賓として壇上にたった私は、「看護師さん、団結して仕事の環境すなわち処遇改善にためらわず取り組みなさい、応援しますよ」と激励いたしました。

地域後援会発会総会
7時からでしたが本当に多くのかたがお集まりいただき熱心な総会をしていただきました。感謝あるのみです。がんばります!

今日はこのほか2つの屋外活動を行う予定でしたが、雨で延期となりました。
もう2つは、妻が出席し夫婦で大車輪です。

夜事務所に70歳の厚生年金受給者の方からファックスが届き、早速その要望書が私のもとに届き一読いたしました。その方を取り巻く生活の厳しさに思わず言葉につまり政治の重責に思いをいたしました。

明朝は朝5時から毎日訓練をしている地元消防団の青年の激励に行くことから一日がスタートいたします。

posted by 松村りゅうじ at 23:02| Comment(0) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

きびしい週末

L[ 002.jpg 今回は木曜日に帰福し月曜まで目いっぱいの活動が出来ました。

写真は知人の会社の慰安旅行出発を見送ったときのスナップです。朝7時の出発でした。

日曜日は鯖江市の運動会7箇所をきめ細かく回り、恒例のリレー競技で一日のゲームの日程が終了するまでの間何千人の方と交流いたしました。途中お昼の時間西武前の自民党青年局の全国街頭宣伝に合流し鯖江に帰る途中福井の和田地区の大運動会にも立ち寄りました。(名刺が30箱以上空になりました。)

いま社会保険庁の年金のずさんな扱いが国民を憤慨させております。総理大臣と厚生労働大臣が国民に陳謝し、このあまりにずさんな役所を分割解体するかねてから用意してあった法律を衆議院で先週通過させました。また同時に過去に遡って所有者不明の金の行方を追求できるように時効を停止する法律を可決しました。また一年以内の解決を総理が約束いたしました。

民主党は以上の当たり前の法律に何故反対するのか分かりません。
管さんが厚生労働大臣のときにシステムの移行を計画したとも言われます。政党が国民の不安を前にお互いが責任をなすりつける話と違うと思います。

松岡農林水産大臣の自殺も国民は釈然としないニュースです。公の仕組みを私腹を肥やす為に使っていたのかという国民の疑惑はここでしっかり明らかにし晴らさなければならないと思います。

法務委員会はあと2つの法案を抱えています。
posted by 松村りゅうじ at 17:09| Comment(0) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

選挙間近の週末

DSCF0035.JPG 今日は地元勝山市の越前大仏開眼20周年の行事に出席いたしました。
妙心寺の僧が各地から多数出席され、奈良の大仏さんより大きい勝山大仏の前で僧の読経が行われました。大きな伽藍のなかで時代が1200年スリップした思いにひたりました。

1時間で抜け出し、先週雨で延期されて挙行された福井市内体育大会に駆けつけ皆様と旧交を温めました。特に酒生地区は母の生地であるところから楽しく交歓いたしました。

午後福井市中心部で賃貸住宅関係者の皆様から激励を受けましたが、最後の御あいさつのなかで、住宅の敷金、家賃が消費税の上昇の場合どうなるのかというご心配の表明がありました。もっともなご心配であると政治家として理解させていただきました。

夜8時過ぎに帰宅いたしましたが、今日も多くの方から知恵を授かった一日でした。
posted by 松村りゅうじ at 21:46| Comment(2) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

二つの敵

週末は相変わらず福井で有意義にすごしました。
恒例の福井市内各地区運動会には12年間雨で中止の年を除いて毎年参加して10箇所以上まわっています。
日の出地区では今年民主党の候補予定の方と隣あわせになりましたのでお互いエールを交換いたしました。

いつも訪問する森田地区は雨で延期、母の生まれ故郷酒生も延期で残念でしたが、有権者と直接お話できる貴重な場所です。

日曜日アオッサで北陸新幹線促進大会が開催され小里先生がお見えになり、私は来賓第一に発言いたしましたので、かなり念入りな準備をして鹿児島新幹線の落成式に私が鹿児島まで行ったことも紹介しました。

行事の圧巻は月曜日の福井県農政連総会でした。農業会館8階ホールが県下各地区の分会長様でぎっしりと埋まりました。

私は福井県の農業に目下二つの敵がいると切り出しました。
ひとつは自由貿易協定を米欧と結ぼうと声高に経済財政諮問会議で主張する一部経済界・学者である。日本の農業を外国に売り渡せと主張するとんでもない輩である。

もうひとつはある野党代表である。この人は戸別所得政策と称してこれまたとんでもない宣伝をしている。生産価格と市場価格に差が出たら国が補償すると一見耳に聞こえの良いことを言っております。

しかしこれには前提があり関税を自由化すなわちゼロにすると言っています。そうでなければ米価格が下落する前提の政策を言うわけがありません。米国ですらWTOで日本は現状の10分の一すなわち70%まで下げよと言っているのに、この人はゼロが良いと言っているのです。その結果は日本の米価の5分の一の中国、それ以下のアメリカ、オーストラリア、タイの米が日本に流入し日本の米価は一万円以上も下落いたします。

その日に生産価格と市場価格の差を国が補償しましょうと言っているのです。総額は12兆円(!)で対応すれば良いと昨年春には言っていましたが、最近はその政党は1兆円と言っています。

一兆円を350万農家で割れば一農家あたり30万円です。
まやかしの甘く聞こえる農政で国民を騙す者は敵であると発言いたしました。

またその野党は小農家を自民党は切り捨てると宣伝いたしていますが、集落としてまとまればこれを一単位として認め直接補償の対象にするというのが政府の進めようとしていることです。これは担い手が
高齢化する現状、機械購入に振り回される現状を打破するための改革
のひとつとして打ち出されたものです。

野党はいま参議院選挙に勝つ為になりふり構わぬ宣伝攻勢をしかけ、県内の野党候補予定者も舌なめらかに格差攻撃をしているようですが、財源も示さずおいしいだけの話には裏があります。
posted by 松村りゅうじ at 05:52| Comment(2) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

丹生の膳野菜

oda 001.jpg 本日旧織田町入尾地区を訪問しました。入尾は旧織田町中心部からはるか山の中へ上がって行ったところで、集落が3つ展開しており私も始めてでした。

田植えであたりは賑やかにしており麓からぞくぞく自動車があがってきていました。入尾を離れて平地に居をかまえた子供さん達がこの季節に父母のことを心配して手伝いに上がって来ているものと思われました。

しかしこの地区の農民はたくましく、地区で生産したきのこその他の農産品を毎日丹生農協の市場「膳野菜」に運び、かなりの収益をあげているとのことでした。

その後旧清水地区にある農協の施設「膳野菜」を訪問いたしました。
毎日地区内の農家から運び込まれる新鮮な野菜が店内に並び、遠くは三国、越前市そして福井市内からも多くのお客が見えているとのことでした。

すばらしい農協活動のさらなる発展を祈ります。

posted by 松村りゅうじ at 22:57| Comment(0) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

統一地方選挙終わる

今年に入って県下の各級選挙候補予定者の年賀会出席、2月以降の各人の事務所開き、出陣式、選挙事務所激励、総決起大会、当選祝いへの出席と目まぐるしく続いた行事もようやく今週日曜日で終わりました。
当選に沸いた方、わずかの票差で落選された方それぞれ悲喜こもごもの結果で、民意の総意が選挙結果であるとは言え選挙とは厳しいものです。当選された方々の新しい政治の展開を期待いたします。

今週空港のロビーで見知らぬ女性から感謝の言葉を掛けられましたが週末の福井市議選の総決起大会に出席しておられたとのことでした。

今日は午前中の法務委員会で法案の審議採決をしたあと、明日の日程もあり帰福して夜地元商工会議所女性部総会懇親会に出席いたしました。きびしい景気のなか元気いっぱいがんばっておられる会員の皆様のお話をいろいろ聞かせていただき明日への糧をいただきました。
posted by 松村りゅうじ at 22:34| Comment(0) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

海を守ろうシンポジウム

今日は統一地方選挙投票日です。福井、敦賀、小浜市議会選挙はじめきびしい各種選挙で結果が出ます。

昨日三国安島(あんとう)で平成7年1月に発生したナホトカ号重油流失事件10周年記念行事が行われました。
島根県沖でタンカーが真っ二つに割れ、船首部分が荒海の日本海を漂流して能登半島を通り過ぎるかなという県民の期待も空しく三国の安島沖に着床してしまいました。そして粘りの強い多量の重油が海岸に漂着したとき県民はぼうぜんといたしました。

その翌日安東の海女さんが日頃の仕事場である海岸の岩場に出てバケツにひしゃくで黙々と重油の回収をはじめました。それを見てわれに帰った県民はボランティアとして回収作業に参加し始めました。三月以上の県内外の10万人の人海戦術できれいな海岸が戻りました。

国、県、町もボランティアと一体となって大事を解決した事件でした。

昨日会場には当時の立役者40人の現職の海女さんがお見えになりました。私は皆さんの勇気と実行力に感謝の気持ちをこめてあいさついたしました。すがすがしい一日でした。
posted by 松村りゅうじ at 11:40| Comment(0) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

選挙は戦い

4月8日は統一地方選挙の投票日でした。
東京の石原知事が3選しました。福井県は西川知事が1期の成果を県民に問い圧倒的な信頼感のなかで32万票を獲得し当選されました。

県会議員選挙は福井市の選挙が12人枠のところを15人立候補して数だけから見れば3人だけの落選で激戦でないように思われるが、内実は厳しい選挙でした。

選挙は本人の実力、努力に加え、地域事情と支援者の支援さらには有権者の判断等オールラウンドな力で戦われる熾烈な戦いであるとの実感を持ちます。当選された方、次回に再起を期す方ともどもに本当にご苦労様でした。
当選の県会議員各位の新しい時代を切り開く活動を期待申しあげます。

15、17日から敦賀、芦原,大飯市・町長の選挙と福井、敦賀、小浜、池田、高浜,大飯の市・町議会議員選挙の第2弾統一地方選挙がスタートします。今日は今から一週間ぶりに上京し明日の法務委員会に出席いたします。有害鳥獣対策議員立法検討会も予定されています。

posted by 松村りゅうじ at 13:28| Comment(0) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

杉津の景色

DSC00692.JPG 今日早朝敦賀へ行ってきました。
途中杉津(すいづ)の高速道路のパーキングエリアからの敦賀湾の海と半島の眺めは素晴らしかったです。
杉津には親戚がいるため戦後小学生の頃母に連れられ海水浴に行きました。

そのころは戦後の極端な食料不足の頃でしたから、まれに食べる新鮮なイカや白いご飯に胃腸が驚いて下痢したものです。
杉津PAの名物は揚げたてコロッケです。揚げているおばさんはあいさつしあう仲です。
posted by 松村りゅうじ at 23:53| Comment(0) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部縦貫自動車道永平寺部分開通

昨17日永平寺大野道路永平寺西ー同東インター間1600メートルの開通がありました。中部縦貫自動車道の一部が出来今後にはずみをつけたということでは西川県政の姿勢を示すもので県民の皆様とともに喜びたいことです。

式典で私は国土交通省と近畿地方整備局から出席の政府高官を意識して次のような激辛の挨拶をいたしました。

1、今日の式典に参加している人は皆さん大野、岐阜県境までの 同道路全線開通を長い間待ち焦がれています。
2、10年前に油坂の難工事を国土交通省が完成させた姿勢を信じ てそのうち進めてくれると県民は忍耐強く待ってきました。
3、福井県民がその県民性として協調を重視し忍耐強いことを誤 解して地元が熱意がないと思ってもらっては困りますよ。

4、富山と愛知県をつなぐ東海北陸自動車道が完成し日本海と太 平洋間の太い物流のパイプが動き出す今その中に福井県も参加 させてもらいわないと福井県が取り残されるという危機感を持 っています。
5、地方が発展しはじめて東京・日本が発展するのではないです か。本道路は地方を発展させる最たる道具です。
6、道路特定財源の改革をしている今日、「真に必要な道路は作 る」と冬柴大臣も明言しておられます。その作業の真に必要な 道路の表の中に中部縦貫自動車道を入れてほしい。

7、今年大野油坂間の工事を一部でもスタートさせてほしい。
8、大野と福井間158号線の朝のラッシュは30分の距離を2時間
 かかるという全国にも例が少ない混雑であります。158号線の改 修のほかに大野までの中部縦貫を完成させることはこの解消に もなるのです。

国土交通省災害・国道課長と布村近畿地方整備局長も158号線の話ははじめて実感的に聞いたのではないでしょうか。
前日自民党本部で北陸新幹線、翌日福井県で中部縦貫自動車道と県民の思いのたけを訴えることが出来政治家冥利につきました。(政治家は結果を出さなければ何にもなりませんが。)

昨日昼の日程を終え宵寝をたっぷりして風呂に入っているうちにブログ記入をする気になりました。毎日深夜まで起きているわけではありません。明日は昨日同様敦賀に8時に出発いたします。
posted by 松村りゅうじ at 03:04| Comment(0) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

左義長のこと

DSC00684.JPGいよいよ天下の奇祭左義長が24,25両日勝山市で行われます。
25日の夜正月の飾りや書初めなどを九頭竜川河原で燃やすドンド焼きをフィナーレとしますが、町中に張り巡らした短冊の下各町内に競うように櫓が組まれ、その2階に町内の男女が登り二日にわたり三味線と笛と太鼓ではやしをします。

女の襦袢を着た青年が、太鼓を狂ったようにあるいはおどけた仕草のなかで叩き続けますが、そのはやしが、「蝶よ花よ花よのねんねまだ乳飲むかまだ乳飲むか・・・」というものです。

江戸時代勝山の小笠原藩主が町おこしのためにこの祭りを許してはじまったと伝えられます。現に近郊の農村、隣の大野町からも多くの人が集まりその日町は賑わって来ました。
櫓の軒下や町並みにぼんぼりがつるされますが、そのぼんぼりでは殿様を風刺しても良いとされ、気の利いた社会風刺の絵と字が皆を楽しませます。
左義長の圧巻は幼い子供が見よう見まねに覚えた仕草で太鼓を器用に叩く姿です。見物客のほほえみと笑いを誘います。

実は私はこの左義長の日の朝昭和13年2月25日に生まれました。当時私の一家は福井市月見町の大和紡績の社宅に住んでおり、父が「さあ今から勝山へ左義長を見に行くよ。」と兄と姉に声をかけている最中に私が生まれたそうです。私が聞いていたわけではなく、母親が口癖のように私に語っていたので覚えているのです。

そういうことでとくに親しみを感じる祭りです。またこの祭りは神様と関係がない町民の祭りという点で異彩を放っています。
年々皆の関心を集めるようになり県下から広く人を集めるようになってきました。勝山高校の校長をして今は市役所の教育長をしている山さんが全国高校文化祭に勝山高校の男女生徒による左義長ばやしを参加させ優秀な成績を勝ち取ったことがこの祭りのグレードを高めたと言えるでしょう。

さどうぞ勝山へ来てください。日本と世界に誇る大規模の恐竜会館もありますよ。関西一円で最大規模のスキー場のある街へ。
(写真は県民福井新聞から)
posted by 松村りゅうじ at 01:22| Comment(1) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

勝山女性部後援会の集い

平泉きみ枝先生が会長の勝山女性部後援会が準備周到のあと新春の集いをしていただきました。地場産センターが満杯になりました。

勝山市長さんも来賓で激励いただきました。私も思いのたけを国政報告させていただきました。

女性の会の楽しみは趣向をこらした数々のアトラクションです。最後に元町二丁目の左儀長ばやしで大会は大いに盛り上がりました。
そして国政報告のなかで自慢をした「野次」を思いがけなくリクエストされました。1月の自民党大会でただ一人飛ばした「安倍総理いいぞ」の野次を再現しましたが、「どこからあんな大きな声が出るの」と合格点をいただきました。

同じDNAの郷里の皆さんと必勝をガンバローしました。

posted by 松村りゅうじ at 23:36| Comment(0) | 地元福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。