2007年03月16日

北陸新幹線で一歩前進

平成22年に、九州新幹線と東北新幹線が完成します。
金沢までは、平成26年に長野から到達いたします。そうしますと後は金沢から福井までの線路を引き、敦賀までを完成することと新函館から札幌までの北海道新幹線をつくることで当面の皆さんの期待が満足されることになります。

今日はこのことを検討する自民党の会議が開催されました。ひととうりの意見が各路線沿線の議員からだされたあと、森議連会長から「具体的な財源を見つけるために政府与党の検討委員会を立ち上げる時期だ」との発言がありました。

津島会長が「皆さんの真摯な発言を受け止め、新政府与党検討委員会を立ちあげましょう。思えばここへくるまでの20年間に2つの変化がありました。ひとつは公共事業悪玉論で整備新幹線に反対するのがはやりだったことが変わりました。もうひとつは新幹線が環境に極端に優しい乗り物との認識がひろまったことです。」と最後に挨拶をされました。

思ったより早くというべきか、思ったとおりにというべきか、今日新幹線の見直しと前進を見たことはこれ以上の喜びはありません。
posted by 松村りゅうじ at 21:52| Comment(0) | 急げ北陸新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。