2012年03月11日

東日本大震災から一年が経ちました

今日は平成24年3月11日です。去年の大震災から一年が経ち、全国で追悼の記念の行事が行われました。

天皇陛下は大病の手術から退院されて日が経っていないにかかわらず中央の行事に参加されました。天皇陛下皇后陛下のお姿には頭が下がります。ありがたいことです。

この度の東日本大震災の被害はとてつもなく大きなものでありました。

今日現在で、 死者        1万5874人
       行方不明者       3155人
   
       全壊戸数      12万9107戸
       半壊戸数      25万4139戸
       一部損壊戸数    69万1728戸
       今日の避難生活者はなお34万人以上だそうです。

  そして特に岩手県の死者は、4671人    行方不明者は、1249人
       宮城県の死者は、9512人    行方不明者は、1688人
       福島県の死者は、1605人    行方不明者は、 214人
  と3県の損害は簡単に癒せるものではありません。

また今日は、全国のテレビをはじめとするマスメディアが大々的に大震災に関し報道をいたしました。

津波の破壊力の大きさ、被災に対する各種救援救難活動、そのきびしい間に垣間見える無邪気な子どもの笑顔等改めて大きな大きな傷に触れさせていただきました。

他方今まであまり報道されていなかった「トモダチ作戦」によるアメリカ人の友情豊かな活動の番組には新鮮な驚きも感じました。

政治の重い使命について考えた一日でもありました。

(今日国会周辺を通りかかりましたところ原発に関する大きなデモを見かけました。)
posted by 松村りゅうじ at 22:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近YouTube等で津波の動画をまた見る機会があって、やはり見るたびに悲しくなりますね。
一刻も早く行方不明者の方が見つかることを願います。
Posted by 田野 at 2012年04月17日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。