2011年08月11日

国難から5月

平成23年3月11日のあの東日本大震災から5月が経ちました。
東電福島第一原子力発電所の事故が放射能を撒き散らし農家、漁師さん、酪農家に大損害を撒き散らし,避難を余儀なくされる中小企業や住人に得もいえぬ苦痛を与えて来ました。

原子力損害賠償法による補償の仕組みもようやく樹立され、対応も曲りなりにすすみはじめてはいますが大変です。

菅内閣がこの間対応にあたってきましたが、本人の弁明とは異なり、ツースロウ、ツーレイト
で被災地の復興は遅れています。

また民主党の国家意識のない外交も困ったものです。また景気を浮揚するという感覚もないので、世界の金融不安のなか、日本の76円といった円高など日本の経済も大変です。

このようなときこそ自民党もがんばらなければと思っています。
posted by 松村りゅうじ at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。