2011年01月27日

第177回通常国会始まる

通常国会がいよいよ始まりました。
菅総理等政府幹部の所信演説に続いて今日衆議院の代表質問が始まりました。参議院は明日からです。

菅総理の所信は、国の大事について骨太に語るというのではなく、国民の最小不幸を求める市民運動出身の政治家らしい演説でした。そしていろいろな民主党のマニフェストを不完全ながら実行するがそれに必要な財源や社会福祉の知恵は、与野党協力してやろうというものでした。責任を一人かぶらないという色合いの強いものでした。

子ども手当てや高校授業料免除や高速料金無料化や戸別所得保障制度で自分はバラマキをしながら財源を人に押し付けるもので、自民党も付き合いきれないものと言えましょう。
自民党は政治の基本は自助、共助、公助でやろうというもので、子どもの養育は親に負担させず、全部国で見させようという野党とは考え方が異なります。人の金いわば財政にすべて依存するということでは国も負担しきれなくなるでしょう。
北欧の小国や北朝鮮とは違います。

予算は衆議院の絶対多数を背景に無事に通るにしても、特例公債の発行関連をはじめ予算関連法律が野党が反対すれば否決となります。きびしい国会のスタートです。

自民党の党活動も活発になって来ました。今週は毎朝8時から会合でTPPの勉強をいたしました。

ところで今年の正月は各種年賀会に出席のほか、韓流ドラマに集中しました。韓国の「第5共和制」という朴、全大統領の政治DVD約40時間を見ましたが、大いに参考になりました。
posted by 松村りゅうじ at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。