2010年08月17日

自民党参議院議員会長選挙

自民党参議院議員会長選挙が8月12日に行われました。
中曽根弘文議員と谷川秀善議員の一騎打ちとなり、選挙結果は40票対40票の同数となり、くじ引きで中曽根議員の勝利となりました。

珍しい劇的な結果でしたのでマスコミの注目を集めました。
わたしが同日の参議院自民党特別総会の議長をおおせつかりましたが、これは年長の理由で選ばれました。
前週の総会がかなりもめましたので緊張いたしましたが、粛々と行われ、自民党参議院議員の良識を示しました。

年長ということは、候補者を除いて最年長ということで、私が自民党参議院議員のなかでそういう存在になっていることに我ながら驚きました。
7月の参議院議員通常選挙で1,2年先輩がごっそり政界を引退されたことを改めて認識いたしました。

日本の政治も政権交代や参議院のねじれといった結果のなか、外交、世界経済の混迷もあり大変ですのでしっかりしなければならないことを自覚させられた一週間でした。

終戦記念日でテレビも平和について考えさせる番組が多く自分の果たすべき役割についてもしっかりと考えさせられました。
posted by 松村りゅうじ at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。